犬のトイレサインを見逃さずしつけを行う

根気良く、しっかりと教えよう!トイレのしつけ
犬のトイレのしつけをしていけば、必ず1度や2度は犬がトイレに失敗する事を目撃すると思います。
その時に叱ったりしてはいけません。犬がトイレで失敗した時の正しい対応についてを解説しています。

犬がトイレを失敗しても怒らない、叱らない

犬へのトイレトレーニングをしてしつけを行っていけば、必ずといっていいほど、1度や2度、もしくはそれ以上、トイレの失敗というのには出くわします。

決められた場所以外で排泄をしてしまったり、大切な洋服の上やソファなどの上で排泄をしたりと、トイレの失敗は必ず起こってしまいます。
一度でも過去に犬を飼っていた経験があれば、おわかり頂けるかと思います。

これらは、飼い主からしてみたら本当に困った事です。
特に、大切な服の上などにされた場合などは、特に大声で叱ってしまいそうになりますし気持ちもわからなくもないです。

ですが、最初にも述べた通り、“絶対に”怒ったり、叱ったりしてはいけません。

静かに掃除をしてあげましょう

犬がトイレを失敗した時に取るべき正しい行動というのは、怒ったり騒いだりせずに、静かにその場の掃除をする事です。

最初にも述べたように、犬がトイレを失敗した時に怒るとどうなるかというと、犬はトイレの失敗で怒られたとは感じずに、排泄するその行為そのもの悪い事だと勘違いしてしまう事があります。

また、時には褒められているのだと勘違いをしてしまう可能性もあるのです。

さらには、犬が寂しいといった感情を抱いていたりすると、トイレに失敗すれば、かまってもらえる。と思い込んでしまって、わざとトイレの失敗をするケースもあり得るのです。

すぐに掃除するのも大切

正しい行動は、”すぐに”その場を静かに掃除することです。

犬が失敗した、間違った場所でトイレをしてしばらく放置などしてしまうと、そこに臭いが残ってしまってしまい、犬はそこがトイレの場なん所だと勘違いをしてしまいます。

そうなってしまえば、犬は今後はそこをトイレとしてしまいますから、犬にとってそこがトイレの場所とインプットされてしまうのです。

そうならないためにも、トイレの場所などを間違った際には、怒ったりぜずにすぐに掃除をしていくようにしましょう。

犬のトイレのしつけで失敗しないためにも、犬がトイレで失敗した時の正しい対応を、しっかりと覚えておくようにしましょう。

管理人の実家の愛犬の、トイレのしつけは、これを参考にしました♪
森田誠先生のしつけマニュアルのおかげで、実家の愛犬のトイレのしつけの悩みは消えました!!
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0