じゃれながら甘噛みや噛む癖のある犬のしつけ

行為自体は普通だからこそ、癖にさせない。甘噛み・噛み癖のしつけ
犬がじゃれながら甘噛みをしてきたり、じゃれると噛む癖のある犬のしつけです。
噛み癖は放っておくと後になって問題になることが多くありますので、早いうちからしっかりとしたしつけを心がけましょう!

よくあるシーンだからこそしっかりしつける

犬が、立っている人間に対して、じゃれて甘噛みをするという状況は、比較的よくある状況ではないでしょうか。

自分の飼っている犬が、そのような甘えた態度した場合、飼い主としてはなかなか可愛らしくあったりもするので、こらこら。といった程度で甘く見てしまう人も多くいると聞きます。

可愛いくとも甘くいってはいけない

しかしながら、例えば犬が家族にじゃれついて、足に軽く甘噛みをしたのならまだいいかもしれません。
ですが、これが来客であったり、散歩中に見知らぬ人に犬がそういった行為をしてしまったら、どうでしょうか。

そんなときに、仕方ないなぁ…と甘く見てあげることはできないはずです。
また、甘噛みは時として人によっては痛い!と感じるかもしれませんし、犬によっては、甘噛みではなく、順位を確かめるために噛んで確かめているのかもしれません。

そのまま注意をせずにおいてしまっておくと、犬は自分のほうが順位が上だと勘違いしてしまい、今後に大きな影響を及ぼしてしまう可能性もあるのです。

しっかりと止めさせることが大事

いずれにしても犬がこういった噛み癖をしないように、しつけていくには、じゃれているとわかっていたとしても、それを必ず止めさせるようにします。
犬が足にじゃれている相手が家族であってもきちんと止めさせます。

犬というのは、ある時はよくて、ある時はダメといった、人間のように状況判断というのができません。
そのため、この人ならしてもいいけれど、この人にしてはいけない。といった事は理解が出来ないのです。

具体的な矯正・しつけ方について

これらを止めさせたり、しつけをする手段としては、足にじゃれてきた時に、床や壁などを叩いたりして大きな音を出してみましょう。

もしくは、何か物を使うなどをして、犬の近くの床を叩いて音を出すようにしてみたり、足で床をならすなどの行為をして音を出すといったような方法を用いて犬に罰を与えるようにします。

この際の注意点としては、この犬のしつけに限った事ではありませんが、この音の罰はやったら怒られるんだ。という事を、犬に分からせなければならないため、音を出して罰を与える場合には、出来るだけ同じ行為をして、同じ音に出すように心がけるようにしてください。

別の犬のしつけの方法としては、犬が問題の行動を起こしたら、すぐに家族全員が犬の視界から消えるという手もあります。
もともと犬は集団で生活しているので、これは大きな罰になります。

このしつけも、1度や2度やるだけではあまり効果は低く、何度も繰り返す必要があるといえますが、しっかりと犬にしつけをして、問題行動を止めるまで人間も我慢が必要になりますので、根気よく行いましょう。

管理人の実家の愛犬が、スリッパの甘噛みや噛み癖をしなくなったしつけは、これです♪
森田誠先生のしつけマニュアルのおかげで、実家の愛犬の甘噛みは無くなりました!!!!!
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0