甘噛みや噛み癖のしつけの基本をおさらい

行為自体は普通だからこそ、癖にさせない。甘噛み・噛み癖のしつけ
犬の噛み癖や甘噛みについてまずは基本をおさらい。
犬はもともと噛んで生きていく生き物ですから、噛む事自体を禁止する事はできません。甘噛みや噛み癖の特徴やポイントをおさせておくようにしましょう。

噛み癖や甘噛みってしつけをしなければいけないものか

犬という生き物は、基本的に噛む動物です。
食べる時に噛み、相手と戦う時も噛んだりして戦います。
そのため、噛むという行為自体は一般的なのです。

食べる時や戦う時などは、本気で噛むのですが、甘噛みといって犬が軽く噛んだりする事があります。
そして、これが癖になると噛み癖となってしまいます。

このあたりを知らない飼い主は、甘えてる。と思ったり、特に痛くないし可愛いから大丈夫。と思ってそのままにしておく人も多くいます。

果たして、本当にこれは、放って置いても大丈夫なのでしょうか?

良いはずがなく、一大事になる前にしっかりと対処をする

犬の甘噛みについては、きちんとしつけをしなければいけません。
甘噛み程度であれば、痛くないし…といってそのまま甘噛みのしつけをせずに放っておいてしまう方が多くいます。

ですが、その犬は噛み癖のついた犬に育ってしまうのです。
そして、ここが大きなポイントでもありますが、特に子犬の場合だと、人間は甘噛みだと思っていたとしても、子犬にとっては順位付けのための噛み付き行為という場合もあるのです。

ですから、犬の甘噛みは、必ずしつけをするように心がけましょう!

犬の甘噛みは、子犬の頃からきちんと噛む度にいけない。というのを教えてあげなければいけません。

もちろん、これは成長している犬の場合であっても当然同じになります。
もし、それでもやめない場合などは、そこからがきちんとしたしつけ方法になってきます。

しつけの方法としては、いくつかありますが、それらも順を追って説明していきたいと思いますが、注意しなければならないのは、犬が甘噛みで注意をされて、そのまま甘噛みでなく、より強く噛んだりする場合もないとは言えないのでしつけの際にはくれぐれも注意するようにしましょう。

また、犬の甘噛みには、無駄吠えと同じように、身体の不調から来る行動の場合もあります。
そのため、甘噛みに限らずに、様々な物を噛んだりしている場合には、まずはその原因が何かを考えるようにしましょう。

管理人の実家の愛犬が、スリッパの甘噛みや噛み癖をしなくなったしつけは、これです♪
森田誠先生のしつけマニュアルのおかげで、実家の愛犬の甘噛みは無くなりました!!!!!
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0