生まれながらに噛み癖のある犬のしつけ

行為自体は普通だからこそ、癖にさせない。甘噛み・噛み癖のしつけ
犬の噛み癖についてですが、残念な事に、生まれながらに噛み癖を持って生まれてくる犬というのもいます。
今回はそういった生まれつき噛み癖をもってしまった犬へどうしつけていけばいいかについて解説をしています。

人間と同じように生まれながらで色々特徴がある

私たち人間が、人それぞれで異なり、生まれながらにして、色々な特徴や性格が備わっていたりするように、犬にも生まれながらにして当然ながら、それぞれの犬によって性格や特徴など細かなところを入れていけば、違いというのはどうしても生まれてきます。

その中でも、生まれた時から既に噛み癖が備わってしまっている犬というのも、少なからず存在してしまうのも事実です。
確かに、非常に残念と思うかもしれませんが、ある意味で、それもまた個性でもあり、しつけによって変えて行く事もできますので、飼い主としてそういった犬を飼っている際にはしっかりとしつけて行く事が大切になります。

生まれながらかそうでないかの見分け方について

私たち人間でもある程度通じるものがありますが、生まれながらに何か備わっているというのは、当然、そのもの自体が、小さな頃から表面化してきます。

例えば、暴力性が生まれながらに備わっているという事であれば、小さい頃からそういう傾向が見られますし、慎重性が生まれながらに他より高い場合、小さい頃から慎重に行動したりする。といった具合です。

犬にとっても、犬種で様々な犬がいますし、同じ犬種であっても当然それぞれ生まれながらに異なります。
ですから、生まれながらに噛み癖を持っているという事は、その時点で、他の犬よりも小さい頃から攻撃性が高かったり、噛むという行為を積極的に行うという行動が見られるはずです。

とはいえ、一般の家庭では、それほど多くの犬を多頭飼いしたり、子犬を何十頭も見たり、共に生活をした事があるという方は稀なはずで、その子犬の行動が果たして他の子犬と比べて攻撃性が高いのかどうかといった事の判断はなかなか付けられません。

もちろん、攻撃性が見るからに高いといった場合や、子犬の頃からなんにでも反抗的だったり攻撃性だったりといったのが見られればすぐ判断できますが、そうでなく、時折そうかな?といった節が見られる場合などは、一般の犬を1頭や2頭しか飼ったことがない我々ではなかなか判断が付きません。

プロに頼むという事を、選択肢に入れてみましょう。

すぐに判断できるような場合はもちろんですし、そうかな?といった不安を覚えるような行動があった場合は、自分の判断だけで下せないでしょうから、近くのプロに依頼する。という事を選択肢の1つに入れてみるのもおすすめです。

プロの方々は、それこそ様々な犬種を、小さい頃からいくつも見てきていますから、ある程度見たり共に行動をしたりすれば、判断が付けられるはずです。

生まれながらに噛み癖を持ってしまっている場合には、どうしてもしつけをしていかないと、無くなったり治ったりという事の可能性は低くなってしまいます。
もちろん、自分でしつけて治せる場合には、それが最善策ですし、費用的にも問題無くすみます。

ですが、そういった解決が見込めない場合や、自分の手に負えないかもといった場合は、プロに頼る事で、解決を目指せます。
噛み癖はほうっておくと、色々なトラブルに繋がる可能性を秘めていますので、生まれながらにそういった性質を持っているとわかったなら、すぐ行動に移して直して上げる事が、愛犬との生活における大切な事になってくると言えます。

管理人の実家の愛犬が、スリッパの甘噛みや噛み癖をしなくなったしつけは、これです♪
森田誠先生のしつけマニュアルのおかげで、実家の愛犬の甘噛みは無くなりました!!!!!
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0