犬を甘やかすのは、犬のしつけ最大の注意事項

まずは知る事からはじめよう!犬のしつけの基本
犬のしつけにおけて、最大限に注意しなければいけない事として挙げられるのが、この犬を甘やかさないという事です。
犬を甘やかすとどうなるかといった問題点も具体的に交えながら、甘やかさないための情報なども公開しています。

犬のしつけの注意点として犬を甘やかさない事は重要

犬のしつけにおいて注意しなければいけない事の1つに、犬を甘やかしてはいけない。というのがあります。

これは、このくらいであればまぁ仕方ないし、そこまで怒る事でもないな…
そう勝手に判断をしてしまい、犬がしてしまった行動を許してしまう事や、目標達成はできなかったけれど、頑張ったからといっておやつをあげてしまったり、頑張ったご褒美として褒めるといった事などは厳禁という事です。

実際には、飼い主であるからこそ、犬が可愛いものです。
だからこそ、ついつい甘やかしてしまう気持ちもわかりますが、そこはしつけだからこそ心を鬼にしなければなりません。

犬をしつける。という事においては、この甘やかさないという事は、実は非常に難しいとも言えますが、非常に大切になってきます。

甘やかしてしまうと、どんどん悪い方向へいく事も

犬をしつけていく時に、可愛いからといって甘やかしてしまうと、犬は自分がしているその行為が、悪い事だというのが理解できなくなってしまう可能性があります。

さらに言えば、それだけでなく、もしかしたら飼い主ではなく、「自分がリーダーではないだろうか?」と思うかもしれません。
さらには、自分はリーダーの次に偉いのではないだろうか?と、犬に勘違いを起こさせてしまう原因ともなるのです。

人間も同じように、甘やかされて育ってしまうと、成長してからて駄目人間になってしまいます。
犬も、可愛いからといって甘やかしてしつけをしてしまえばしまうほど、後になってから、より大きな問題が降ってくるものなのです。

そして、甘やかされて育った犬が、順位付けの勘違いを起こしてしまうと、しつけはより大変になってしまいます。

今まできちんと順位付けられていた家庭内での順位が、犬が上に入ってしまって入れ替わってしまいます。
そうなってしまうと、そう簡単に犬のしつけができなくなってしまうのです。

しつけはしつけでしっかりと心構えを持つ

犬というのはとても可愛らしいものです。
多少出来なかったり、守れなかったとしても、ついつい甘やかしてしまいたくなるものですし、よくわかります。

ですが、犬のしつけという範囲の中では、絶対に犬を甘やかしてはいけないのです。

可愛い子ほど旅をさせよ。というわけではありませんが、しつけはしつけでしっかりと行っていく必要があります。

ある意味でこの犬を甘やかさないというのは、犬のしつけにおいて、一番難しい事と言えるのかもしれません。
ですが、しつけの出来た立派な犬に育てていくためには、非常に大切なポイントになりますので注意しましょう。

管理人の実家の愛犬のしつけで迷った時はこのDVDで見てました。
主従関係の作り方や、正しくリーダーになれたのも、森田先生のおかげだと思ってます。
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0