犬を褒める時も叱る時も行動直後に行う

まずは知る事からはじめよう!犬のしつけの基本
犬というのは人と異なり、後から褒めたり叱ったりしても、いつの事を言われているのか分かりません。
良いことをしたら褒めてあげ、ダメな事をしたら叱るという事を、犬の行動直後に褒めて叱るように心がけましょう。

しつけにおいての褒めと叱るはタイミングが大切

犬のしつけにおいて、犬が何か良いアクションを起こした場合、犬がその行動をした直後に褒めなければいけません。

これは、逆に叱る時も同じです。
犬が何かいけない事をした場合には、必ずその行動の直後に叱るという事を徹底させなければなりません。

直後に褒めたり叱ったりせずに、後になって、なぜあの時はあんな事をしたのか。と言って叱ったり、あの時は良かったよ。と褒めたとしても、残念ながら犬にはそれを理解する事ができないのです。

タイミングが悪いと犬が勘違いする事もありうる

このタイミングが悪かった場合、犬からしてみれば、何をしても叱られていると勘違いをしてしまう場合もあります。

そうなってしまっては、全然人間の言う事をきかない状態になってしまう恐れもでてきてしまいます。

いわば人間でいう反抗期の犬ができあがってしまい、全くしつけができないといった状態になってしまうこともありますので、注意しましょう。

すべて行動直後に行うようにする

犬が何かをした時、その行動直後に褒めたり叱ったりとしてあげましょう。
そうすることで、犬はどういった事をしたら褒めてもらえるのか、逆にどういった事をしたら叱られるのかといった事が理解しやすくなります。

それがわかれば、犬は褒められようと、そのことを繰り返したりします。
赤ちゃん達も同じですね。笑う事をやれば、その事を繰り返して喜んでやったりしてくれます。

と言うことは、そうする事で、犬のしつけがとてもしやすくなっていくのです。

また、犬のしつけにおいては、叱る事よりも、遙かに褒める事というのが重要になってくるのです。
特に、犬が何かしらの良い事をした時には、その行動をした時すぐに褒めるように心がけてください。

管理人の実家の愛犬のしつけで迷った時はこのDVDで見てました。
主従関係の作り方や、正しくリーダーになれたのも、森田先生のおかげだと思ってます。
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0