必ず一環した同じ態度で犬のしつけを行う

まずは知る事からはじめよう!犬のしつけの基本
犬のしつけをする上で注意しなければいけないのが、いかなる時も同じ態度で接しなければいけない事です。
犬が同じ行動をしているのに、叱られたり叱られなかったりとなると、混乱するため一貫した態度でしつけを行いましょう。

褒める時も叱る時も常に同じ態度で行う

犬のしつけにおいて、注意しなければならないことの1つとして、始終一貫した態度を取らなければならない。ということがあります。

簡単そうですが、意外と難しいのがこの一貫した態度です。

とはいえ、これは何も犬のしつけだけに限ったことではありません。
人間世界でも同じで、同じ事をしたのに、ある時は褒められて、ある時は怒られてしまうと、なぜ?と思ってしまいます。

その時の感情などによって態度が違ってしまうと、しつけには大きな支障が出てきてしまいます。

特に、犬は、私たちのように言葉で話したりする事ができませんし、そういう事に文句を言う手段もありません。
ですから、犬は人間よりも、もっとそう感じてしまうものです。

例えば人に噛みついたりした時、それが例え甘噛みであろうと、きちんと行動を制さなければなりません。
逆に、良い事をした時にはどんな時であっても、きちんと褒めてあげるようにしなければいけません。

犬が混乱したりしないように配慮する

犬のしつけにおいて、この一貫した態度を取り、犬が混乱を起こさないように気をつける事が大切です。

犬は頭が良い動物です。
しかしながら、人間のように、同じ行動であってもこの時はダメで、この時であれば良い。といった判断は残念ながらできません。

そのため、犬に対して始終一貫した態度を取ることによって、犬から見た、これは駄目、これは良いといった言葉の意味がわかるようになります。

そのため「駄目」「良い」としている事以外での様々なしつけもしやすくなるのです。

犬のしつけで一番多いのが、愛犬が可愛くて仕方ないから、今回は許してあげよう。といった行動を取ってしまうことです。
そうなると、前は怒られてしまったのに、今回は何ともなかった。となってしまい犬は戸惑ってしまいます。

同じように、前褒められたからまた行動を起こしたのに、今回は褒められなかった。
そうなってしまうと、戸惑ってしまい、はてなマークが付いてしまう状態になってしつけが難しくなります。

どのような時であれ、始終一貫した態度を犬に対してとるように心がけましょう。

管理人の実家の愛犬のしつけで迷った時はこのDVDで見てました。
主従関係の作り方や、正しくリーダーになれたのも、森田先生のおかげだと思ってます。
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0