犬が自分や家族を順位付けする事を理解する

まずは知る事からはじめよう!犬のしつけの基本
犬のリーダーになるだけでなく、犬のしつけにおいて、犬は順位付けをすると言うことを、まずは知らなければなりません。
リーダーの言うことは聞いても、家族の言うことをきかないといった事がないよう、順位付けを理解して正しい犬のしつけを行いましょう。

犬は犬自身と家族の順位付けをする事を知る

犬のしつけでは、先ほど解説した、リーダーが誰なのかという事だけでなく、犬にとっては群となってくる家庭の中で、順位付けというのも非常に重要な要素になってきます。

これはどういう事かというと、犬にとって、自分はこの家族の群れの中で、どの立ち位置にいるのか、その順位付けを行うという事です。

リーダーが誰かを判断しますし、自分が一番下のポジションなのか、自分より下のポジションには誰かいるのかなど、順位付けを行っていきます。

順位付けするからこそ注意しなければいけない事がある

この時、特に小さい子どもがいるような家庭の場合は注意が必要です。
親からしてみれば、犬と子どもが、まるで兄弟のように一緒に育っていくような感じを受ける事も多いのではないかと思われます。

しかしながら、犬と子どもが兄弟のように育ってしまうのは、実はあまりよくない事にもなってしまうのです。

なぜなら、犬にとって、一緒に育った子どもは、暮らしている家族の中では、自分と同じ位置だと認識してしまうのです。

そうなると、犬が成長していくにつれ、場合によっては一緒に育った子どもよりも、家族での自分の順位を上の立場にするため、子どもに反抗して牙を向けてしまうといった可能性があります。

また、そうはならなかったとしても、子どもの言う事を、犬が全くきかなくなってしまうといった可能性もあるのです。

自分だけではなく、家族全員と犬として考える事が大切

犬のしつけをする際に気をつけなければいけないのは、自分と犬だけという考えではなく、家族の全員が犬よりも上の立場になるようにしなければなりません。

自分がリーダーである。と教える事が大切ですが、一緒に暮らす家族もまた、犬より上のポジションである事が必要です。
犬の食事を一番最後にしたり、人と犬を呼ぶ時には、犬を一番最後にするといった様な事が必要になってきます。

そして、リーダーとして、人間の方が大切なのだと犬に教えなければいけないのです。
甘やかさず、リーダーになり、家族みんなもそれを一緒にやっていく。このあたりが大切なポイントになってくるのです。

管理人の実家の愛犬のしつけで迷った時はこのDVDで見てました。
主従関係の作り方や、正しくリーダーになれたのも、森田先生のおかげだと思ってます。
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0