犬のトイレのしつけを行う前の注意事項

根気良く、しっかりと教えよう
犬のしつけの中でも、特に頭を悩ませる人が多いのが、このトイレに関するしつけです。
どうやってしつけるのか、またその際の注意事項やおさえておきたいポイントなど、トイレのしつけに関する情報を解説していきます。

犬のトイレのしつけにおける注意事項

犬のしつけの中でも、かなり重要度をしめてくるのが、このトイレのしつけではないかと思います。実際に、これに手を焼く人も多いのではないでしょうか。

トイレのしつけは、基本的には子犬の時、来たその日から行うのが常とされています。
特に、室内で犬を飼う場合などでは、トイレのしつけができていないと、目も当てられないような状態になってしまいます。

では、トイレの場所を適当に作って用意すれば、それで終わりかというと、当然ですが、そんな簡単にすぐ終わるものではありません。
飼い主が、トイレはここ。という具合にきちんと場所を教えてあげないと、犬は部屋中の至る所に排泄をしてしまうのです。

トイレは1箇所に決めて、きちんとその場所ですることを覚えさせなければいけません。

必ずどんな犬でもトイレのしつけはできる

犬のトイレのしつけというのは、どんな犬であっても、しつける事は可能です。
子犬でも、成犬でも、ある日突然にトイレがうまくできなくなってしまった犬であったとしても大丈夫なのです。

きちんとしたトイレのしつけを、基本からきっちりと教えていけば、犬は決まった場所でトイレをする事が可能になります。

ただ見てるだけでなく、飼い主もしっかりと覚える必要がある

しかしながら、雄犬などのように部屋でマーキングをしてしまうような犬であれば、散歩の際にマーキングをさせるといったような、別の対策が必要となってきてしまいます。

犬のトイレのしつけを始める場合、犬のトイレのアクションや犬のトイレのポイントなどを飼い主が把握をし、犬がトイレをする際の癖などを掴む事からはじめなければいけません。

そして、それらのクセにあわせたトイレのしつけをしていくのが、正しい犬のトイレのしつけになるのです。

また、犬のトイレのしつけにおいては、ダメといったような禁止の掛け声や、叱ったりする事はしてはいけません。

叱られた犬は、例え飼い主がトイレの場所が違うからダメと言ったとしても、犬にとっては排泄自体が悪い事なのだと勘違いをしてしまう可能性があります。

そうなってしまうと、犬は飼い主から隠れた場所でトイレをしたり、または飼い主に注意される事を恐れてトイレを我慢してしまう事になりますので、トイレのしつけにおいて、絶対に禁止の掛け声や叱ったりする事はしないように心がけましょう。

管理人の実家の愛犬の、トイレのしつけは、これを参考にしました♪
森田誠先生のしつけマニュアルのおかげで、実家の愛犬のトイレのしつけの悩みは消えました!!
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0