子犬のうちにすべき子犬のしつけ

小さい時こそしっかりと。子犬のしつけ法
犬のしつけの中には、子犬のうちにしておくべきものも存在します。
子犬のうちにきちんと躾けておくことで、後々しつけがしやすくなったり、子犬だからこそ対応が早いなどがあります。子犬のうちにすべきしつけは子犬のうちに完結させましょう!

子犬だからこそ、できることを

子犬のしつけとある程度育った犬のしつけを比べると、
子犬のしつけについては、それほど難しいしつけはまだ出来ません。

とはいえ、簡単なしつけをする事は子犬においても可能です。
また、しつけの種類によっては、子犬である方がしつけをしやすいという場合もあります。

出来る事と出来ないことをしっかり飼い主も知る必要がある

簡単な例を挙げてみましょう。
何度も説明しているようにリーダーが誰なのかという事を教える事や、社会性を身に付けさせるといった事に関しては、子犬の方が覚えやすいのです。

すなわち、このことについては、子犬の時にこそしつけておくべき事なのです。

子犬であれば、ワクチンが終わるまでは、他の犬であったり人などに、接触させたりして社会性を身につけさせる事は困難でもあります。

しかしながら、子犬であれば、パピーパーティーや抱っこしながらの散歩などによって、社会と触れあって社会性を身につけさせる事もできるのです。

特に、パピーパーティーにおいては他の犬との交流のとり方などから、他の人間に対する態度などを学べたりします。

子犬のうちに、子犬とリーダーだけの世界なのではなく、それ以外にも、世の中には様々な犬であったり動物や人、さらには危険なモノもあるという事を子犬に教えるのは飼い主の責任でもあります。

きちんとしつけて、社会性のある犬に育てる事を心がけるようにしましょう。

管理人の実家の愛犬が、賢い犬になれたのは、この教材のおかげ♪
子犬の時から、森田先生のしつけをしていれば…と後悔した管理人のようにならないためにも!
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0