子犬のしつけにおける主従関係の正しい作り方

小さい時こそしっかりと。子犬のしつけ法
子犬のしつけでは、まず正しく主従関係を作る必要があります。
きちんと子犬にリーダーが誰なのかといった事を教えておくことで、今後のしつけにも大きく有効になります。正しい子犬との主従関係の作り方をお教えします。

子犬の時こそしっかりとしつけを行っていく

犬のしつけに関して、主従関係を身につけさせるという事は非常に重要なポイントでもあり、当然ながらこの主従関係を身につけるのは、子犬のしつけであっても同じと言えます。

子犬をしつける一番最初のステージの時から、リーダーが誰なのかについて、子犬に教えておく事によって、その後に行うしつけが非常に楽になります。

また、少し生活をして色々見てきた犬と違って、まだ生まれてすぐで自分と他者の区別がなかなかつかないような小さな子犬であれば、最初から、そういうものなんだ。と教えやすくなりますので、きっちりと主従関係をつけるように心がけましょう。

主従関係をつけるための方法

では、実際にどうすればいいのか?となりますが、子犬に主従関係をしつける方法というのは何パターンかあり、簡単な例を挙げると、以下のようなものがあげられます。

  • ドッグフードなどの食事を直接子犬に自分の手から与える。
  • 始終一貫した態度をとる。

こういった行動においては、子犬に限った事ではなく、成長した犬と主従関係を築く場合でも同じと言えます。

ただ、まだ一般の犬と比べて感覚が発達していないといえる子犬であれば、主従関係を教えようとする際には、多少オーバーアクション気味にわかりやすく誰がリーダーなのかという事を、教える必要があるのです。

管理人の実家の愛犬が、賢い犬になれたのは、この教材のおかげ♪
子犬の時から、森田先生のしつけをしていれば…と後悔した管理人のようにならないためにも!
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0