子犬のしつけ方の工夫や子犬ならではのしつけ

小さい時こそしっかりと。子犬のしつけ法
子犬のしつけをする場合には、普通にしただけではうまくいかない事も多々あります。
そういった際には工夫をこらしましょう。子犬ならではの工夫を凝らしたしつけで、育てましょう!

工夫を凝らしたしつけで子犬を育てましょう

普通の成犬と違って、子犬へのしつけ方というのは、実際には色々と工夫が必要となってくる事が多々あります。

子犬というのは、まだまだ母親が恋しい年齢で体も小さく、可愛い声で鳴いたりするものです。
そのため、たくさん甘やかせてあげたくなってしまうのが、飼い主の心情とも言えます。

しかしながら、子犬であっても、工夫を凝らしたしつけをすれば、きちんとしたしつけも可能です。
また、子犬のうちから“そういうもの”として、しつけをして育てていくことにより、他の今後に行うしつけがやりやすくなります。

子犬だろうと甘やかすのはダメ

子犬の時のしつけ方のポイントを挙げるとすると、まず第一に先ほど述べたように甘やかさない事です。
そして、子犬だから仕方ない。といった判断を下したり、子犬にはまだ無理だろうと勝手に判断をして諦めない事です。

多くの場合、そこに甘やかしや、可哀想といった考えでついつい甘い顔をしてしまう事もあります。

簡単な例を出してみると、子犬に主従関係を教える場合には、犬用のおもちゃでひっぱりっこを行う事によって、飼い主がリーダーであることを教えます。

この時、子犬だし無邪気に引っ張ってるのが可愛いから、勝たせてあげよう。と思ってはいけません。
そのような甘い気持ちを持たず、主従関係を築くためにも、絶対に飼い主が勝つようにしなければいけないのです。

特に子犬は体も小さく可愛いもので、ついつい甘やかしてしまいがちです。
また、体が大きくもないので、無理や無茶な事もしてはいけません。

ですが、子犬であっても、遊びを通したりしながらで、しつけができるような工夫をすることで、子犬であってもしっかりとしたしつけは、可能なのです。

管理人の実家の愛犬が、賢い犬になれたのは、この教材のおかげ♪
子犬の時から、森田先生のしつけをしていれば…と後悔した管理人のようにならないためにも!
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0