犬のしつけで子犬はしつけの適齢期

小さい時こそしっかりと。子犬のしつけ法
子犬はしつけの適齢期と言われる事が多々あります。
これらにはいくつか理由があり、正しいしつけを正しい時期にすることで、一般より楽に楽しくしつけができますのでしっかりと身につけておきましょう。

子犬だからしておくべきしつけ

子犬の時代こそが、一番のしつけの適齢期と言われる事もあります。
実際にこういった事を耳にしたことがある人も多いかもしれませんし、これにはいくつかの理由があります。

まず、子犬のときがしつけの適齢期と言われる一番の理由は、頭が柔らかい子犬のうちにこそ色々なものを覚えさせる。という事が挙げられます。

これは、人間においてもよく当てはまるとも言えますね。

生後すぐはしつけがしやすい環境

また、子犬時代の生後3週間~12週間の期間においては、社会化期とも呼ばれ、特にしつけがしやすい環境とされているのです。

子犬におけるしつけ適齢期の社会化期というのは、他と自分との区別を付きる事ができるようになる時期でもあるのです。

そのために、この時期に認識し出したものというのは、子犬にとってはある程度は、そういうもの。として受け入れる事ができやすい状態にあるのです。

そのため、多くの物事についてをそういうものとして覚えさせる事が可能になるのです。

子犬にとってのリーダーは誰なのか、自分の環境には何があってどうなっているのか、こういった事などをこの適齢期に教えていく事によって子犬はより社会性を持つようになります。

より素直にリーダーである飼い主の言う事をしっかりと聞きやすい犬へと育てる事ができるのです。

そのため、子犬の時期が犬のしつけの適齢期と言われているのです。

管理人の実家の愛犬が、賢い犬になれたのは、この教材のおかげ♪
子犬の時から、森田先生のしつけをしていれば…と後悔した管理人のようにならないためにも!
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0