食事などで犬が噛み付く場合のしつけ

行為自体は普通だからこそ、癖にさせない。甘噛み・噛み癖のしつけ
意外と多いとされている食事中における犬の噛み付きや噛み癖のしつけについて解説しています。
犬にとってと、人間にとっての食事は異なりますし、それらの事も踏まえた上での犬に噛み癖や噛み付きのしつけをしていきましょう。

食器を触ると噛みついた場合

犬が噛み付く場合というのは、実に様々なシチュエーションが想定されます。
意外と悩む人が多いのが、食事関連で噛み付かれたり、そのために噛み癖がついてしまったという悩みが多くあります。

例を挙げるならば、犬がご飯中にこぼれたドッグフードを拾って器に入れてあげようとしたら、唸られたり、噛まれたといったシーンや、他にも、食器の位置がずれたから元に戻そうと手を食器に出したら噛まれてしまったといったシーンを、一度経験した事があるという方も多いのでは無いでしょうか。

ですが、これも犬が持つ習性や本能を知っておくと、なぜそうなるかというのも理解できますし、それを知った上でどうすべきかを考える事ができます。
そもそも、犬は狩猟を行う動物であったため、餌は自分の食事であり、生きて行くために守っていかなければならないものなのです。

本来の犬にとって、食事は、生き抜くための非常に大切な行為

私たちもそうですし、犬もそうですが、食べていくという事は生きて行く上で必須なものです。
飼い犬であれば、人間がドッグフードなり食事を用意してくれているので、悩む事はありませんが、犬は本来は狩猟動物であり、自分達で餌を見付けて食べていたという事があります。

そのため、犬にとって、食事をするという事は、私たち人間以上に食事にたいする並々ならぬ執着心があるという事を知っておかなければなりません。

野生の本能で、奪われると勘違いしている可能性

とはいえ、家庭で買われている犬が、食事を自動的に与えられているため、本来はそういった危機感はありませんし、餌を見付けなければいけないといった事もありません。

ですが、なぜ犬が人間に対して食事中に何かをしたら噛むという行為を行ったかというと、それは、奪われる。取られてしまう。と本能的に思ってしまっているという可能性があります。

野生の本能では、当然ですが一度手にした食事を手放すという事は、再度餌を見付けにいかなければならないため、何がなんでも自分の食事は守ろうと考えます。
そのため、人間の手が食事中に伸びてきたという事を、食事が取られると勘違いしてしまい、守らなければ!と思って噛むという行為に繋がっているのです。

私たちからは、より食べやすく、よりキレイにといった思いから動いていたことが、犬からしてみれば、奪われるから守らなければと思われている可能性があるという事です。

人の手は、いいものだ。安全だ。を教える

こういった事が起こるという事は、犬にとって人間の手が安全で安心だと思えていない可能性があります。
そのため、まずは人間の手は、餌をとったり攻撃してくるものではなく、安心で安全なものだと教えてあげるのも1つの手です。

例えば、餌をあげるときに、最初は手であげて、その後、器に移したりするといった事を行う事で、犬にとって手はいいものだというイメージを与える事もできます。

また、仮に食事中に噛まれた場合は、いつものようにその場でそれがいけない事だという事を教えてあげなければなりません。

食事中に触らなければいいか。と置いておくと、犬と飼い主との主従関係が崩れてしまったり、噛めば黙ると勘違いさせてしまう恐れもあります。
そのため、食器に触ったりして噛まれたり、唸られたり吠えられた際には、取らないという事を教えて、しっかりそういった噛んだり吠えたりはいけないことだという事を教えてあげましょう。

そして、それらがしっかりできた時には、賢い犬だという事でしっかり褒めてあげる事が大切です。

管理人の実家の愛犬が、スリッパの甘噛みや噛み癖をしなくなったしつけは、これです♪
森田誠先生のしつけマニュアルのおかげで、実家の愛犬の甘噛みは無くなりました!!!!!
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0