散歩中などリードの噛み癖のある犬のしつけ

行為自体は普通だからこそ、癖にさせない。甘噛み・噛み癖のしつけ
散歩中などリードを噛んだりなどリードへの噛み癖がある犬のしつけを解説しています。
リードを噛む犬というのは実際には非常に多いと思われます。しっかりとしたしつけでリードを噛まない犬へとしつけていきましょう。

多くの人が経験するのがこのリードの噛み癖

犬を飼っているという人で、これで悩まない人は少ないと言っても良いほどに、多くの人がこの散歩中などリードを噛むという愛犬の行為で悩んでいます。

リードを噛むという行為自体も、そもそも色んなパターンがあるかとは思いますが、公園などに行ったりして、実際に散歩している犬と飼い主を見ていれば、リードを噛んでいる犬というのを見かけます。

ですが、そもそも論でいくと、まず犬は噛んだり、ひっぱりあいをする生き物であるという事を覚えておく必要があります。
その上で、なぜリードを噛んだり引っ張ったりするのかという事を考えていく必要があります。

そもそも、犬は引っ張り合うのが好きな動物

よくテレビや実際の犬とのじゃれあいなどでも見かけますが、犬が噛んでいるものを取ろうとすると、引っ張りあいになっているというシーンを見かける事があるかと思います。

このように、犬というのは引っ張り合ったりするのが好きであり、本能的にもそれを行います。
そもそも野生の犬は獲物を捕るのが仕事になり、そのせいで噛んで引っ張るという行為がそもそもの野生に備わっているのです。

リードなどを噛んで、飼い主の行きたいところを邪魔したり、引っ張りあいをしたりするのは、その犬本来が持っている本能の1つという事でもあります。

上下関係がしっかり出来ている事が大切

犬というのはランク付けをするという事は解説してきました。
そのため、上下関係がしっかり飼い主と犬とで出来ていないと、リードを噛むという事に繋がる原因になります。

引っ張りあいや、リードを噛んでしまったりなどは、犬が上下関係で自分が上だと思っていたら、犬からしてみれば、オレ(ワタシ)の言う事を聞きなさい。と言っているに等しいわけで、これではなかなかうまくいきません。

そのため、リードを噛んでいるという場合、そもそも自分がリーダーになっているかどうかというのも非常に大切な要素となってきます。

実際にリードを噛む癖を直すにはどうすればいいか

先ほども説明したように、まずはリーダーになっており、序列がしっかりとできている事が大切になります。
その上で、何をするか、どうするかというと、基本的には噛み癖や甘噛みのしつけそのものと大して変わりはしません。

リードを噛んでしまう場合には、リードを噛むのがダメだという事をしっかりと教えてあげる事が必要になります。
犬がリードを噛んでしまった際には、しっかりと「噛んではダメ」という事を教えてあげる必要があります。

また、予防策として、散歩などとは違う際に、犬の首輪などをしっかり持っておき、リードを犬の前などに出して、噛む・噛まないをタメしてみるのも1つの手です。
その時に、リードを噛んだら、ダメ。待て。と言いながら、リードをしっかり口から離させます。

そして、離させたら、目的のリードを噛まないという事になるため、しっかり褒めてあげます。
リードを噛んだら、しっかりダメと教えて、噛まない時にしっかり褒めてあげる。
これを繰り返す事で、リードを噛まない犬へとしっかり育っていくはずです。

何度もしつけで言ってきていますが、後出しはダメです。
リードを噛んでしまったのなら、その時、その時でしっかり注意して教えてあげる事が必要になります。
家に帰って、あのときリード噛んでちゃダメでしょ!といったようなしつけ方は避けて、その時にしっかりと教えてあげる事が大切になります。

管理人の実家の愛犬が、スリッパの甘噛みや噛み癖をしなくなったしつけは、これです♪
森田誠先生のしつけマニュアルのおかげで、実家の愛犬の甘噛みは無くなりました!!!!!
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0