犬の気持ちを考えたしつけを行う

まずは知る事からはじめよう!犬のしつけの基本
犬のしつけでは、犬の気持ちを考えていかなければなりません。
自分に都合の良いことばかり、自分勝手に犬をしつけようとしても、それはきちんとしたしつけにはならないのです。
きちんとした犬の気持ちを考えた犬のしつけ方を教えます。

自分の都合で自由きまま、勝手なしつけはしてはいけない

犬のしつけをしていこうと思ったら、色々と気をつけなければいけないことが、当然ながら出てきます。

犬のしつけをする際には、自分の都合によって、自分がしたいようにといったやり方で、犬に言う事をきかせるようにしてはいけません。

なぜ犬がそのような事をするのかという事について、しっかりと考えてから、正しいしつけをしていくという事が重要になります。

自分主導はダメ。犬の気持ちを汲み取る

犬をしつけるには、それこそ色々な方法が実際には存在します。

犬が問題のある行動を取った場合、その裏にある犬の気持ちをしっかりと考えてあげることで、そのほとんどを解決する事ができるのです。

私たち人間にも気持ちがあるように、犬にも様々な気持ちがあります。
当たり前ですが、何の意味もなく、何か行動をおこす犬というのは存在しません。

とはいえ、犬というのは、私たち人間とは違って、言葉というのを持ちません。
言葉を持っていないため、犬は自分の気持ちを表現するために話すかわりに吠えてみたり、いたずらをしたりして、飼い主に気持ちを伝えようとしているのです。

この辺は赤ちゃんや子どもと同じですね。
ですから、たかが犬。なんて事は考えてはいけません。

犬のしつけをする際には、犬の気持ちを考えつつ、どういう風にしつけをすれば、しつけがうまくいくのか、という事を考えつつ、犬のしつけをしていくように心がけましょう!

管理人の実家の愛犬のしつけで迷った時はこのDVDで見てました。
主従関係の作り方や、正しくリーダーになれたのも、森田先生のおかげだと思ってます。
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0