犬のしつけをする適性力の判断

まずは知る事からはじめよう!犬のしつけの基本
犬のしつけをしていく上で、まずは今の自分が、どれくらい知っているか、理解しているかという事も大切になってきます。
しつけの適性に、自分自身がどれだけ当てはまっているかといった事を簡単なテストで知ってみましょう。

飼い主自身が、正しい事をしっておく必要がある

しつけしつけ、と言いながらも、当たり前の話ですが、飼い主自身が正しい事を知っていないと、しつけをすれば逆効果になってしまいます。

そこで、今の自分自身が、犬を飼って、しっかりとしつけていく場合においての判断材料となる項目を簡単ではありますが、ざっと洗い出してみました。

まだ犬を飼っていない方、飼ってはいるけど犬のしつけにうまくいっていない方、これから飼おうと思っている方など、自分自身の犬のしつけの適性力を知ってみましょう!

適性判断の質問リスト

  • 犬のしつけをする上では、体罰も時には仕方がない行為である
  • 犬を叱ったりする時に『○○!ダメ!』と犬の名前を呼ぶ事がある
  • しつけを守らない時など、おしおきとして犬をケージなどに閉じ込めた事がある
  • 犬を叱る時の言葉が『ダメ!』や『コラ!』といった2種類以上の言葉を使う
  • 犬の散歩に行く時間はいつも同じ時間に行く
  • 犬が人に飛びつく行為は元気な証でもあるので、特に気にしない
  • おもちゃ遊びは、犬がおもちゃを持ってきたら始める
  • 犬がクゥ~ンと寂しそうに鳴く時は、傍に行ってあげる
  • 犬が身体に触れられるのを嫌がるので、あまり身体には触れない
  • 犬の食事で、食器が空になるまで残ったものは出している
  • 犬のしつけをする時に、丁寧に30分以上時間をかけている
  • 犬が甘噛みをするが、痛くもないので気にしていない
  • 自分と同じ食事を犬にも与えている
  • 散歩の時、犬が行きたがる場所へ行く
  • 犬と一緒に、同じベッドで眠っている
  • 外出する時は、犬が寂しがらないように遊んでから出かける
  • ソファーなどの犬指定席があり、誰もそこに座らない
  • 引っ張り合いをして、時には犬に勝たせるようにしている
  • まだ子犬だから、犬のしつけはもう少し成長してからと思う
  • 自分の食事の時間に関係なく、犬に食事を与えている

結果の見方について

上記のチェックリストの中で、「はい」と答える個数が多い人ほど、ご自身が考えて居る犬のしつけを見直さなければいけないという事になる可能性が高いです。

とはいえ、該当したとしても大丈夫です。
今は「はい」が多かったとしても、きちんとしつけを勉強すれば大丈夫です。

まだまだ挽回できますから、焦ったり不安にならないように、そしてもちろんそれを犬のせいなどにしたりして当たったりしないようにしましょうね。

管理人の実家の愛犬のしつけで迷った時はこのDVDで見てました。
主従関係の作り方や、正しくリーダーになれたのも、森田先生のおかげだと思ってます。
>> 管理人も実践した森田誠先生の犬のしつけは手に入れておきましょう♪

プロの技を自宅で学ぶ!犬のしつけ教材ランキング

  • 森田誠の犬のしつけ
森田誠の犬のしつけ
平均:4.75点 / 投票:4
3年で3万人以上の人が購入して学ぶ定番のしつけ教材のDVDセット。

藤井聡のしつけ法

藤井聡の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0

遠藤和博のしつけ

遠藤和博の犬のしつけ
平均:0.00点 / 投票:0